「その時」を考える~震災と発達障がい~開催

ページ番号1022865  報道発表日 2018年2月5日 印刷

とよた市民活動センターは、いつ発生してもおかしくないと言われている東海・東南海地震に備え、ここ豊田市で、自分たちに何ができるかを考えてもらうため、「復興支援事業『その時』を考える~震災と発達障がい~」を開催します。
同イベントでは、「発達障がい」のある人をテーマに、中京大学現代社会学部の堀兼大朗(ほり けんたろう)氏が講演し、過去の大震災で発達障がいのあるお子さんとその家族に起こった事例を紹介します。
また、交流の時間を設け、参加者同士がつながるきっかけを作ります。

日時

平成30年2月21日(水曜日)
午前10時30分から午後1時30分

場所

とよた市民活動センター ホール(A館 T-FACE9階)

内容

第1部 講演「災害場面における発達障がい者とその家族」講師:堀兼大朗(中京大学現代社会学部 非常勤講師)
第2部 座談会
第3部 フリー交流
※詳細は、「復興支援事業『その時』を考える~震災と発達障がい~」チラシ参照

定員

70人(先着順)※参加費無料

申込み

平成30年2月14日(水曜日)までに、別添の申込用紙を窓口に持参、または電話・ファクス・メールのいずれかでとよた市民活動センターへ申込み

その他

当日は発達障がい・防災に関するブース出展あり

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

とよた市民活動センター
〒471-0026
愛知県豊田市若宮町1-57-1 A館T-FACE9階(松坂屋上階)(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-36-1730 ファクス番号:0565-34-0015
お問合せは専用フォームをご利用ください。