「登録文化財 喜楽亭の見方、楽しみ方」を開催します

ページ番号1022858  報道発表日 2018年2月2日 印刷

喜楽亭では、同施設の国の登録有形文化財への登録に尽力された畔柳武司氏を招き、喜楽講座「登録文化財 喜楽亭の見方、楽しみ方」を開催します。
豊田産業文化センター内にある喜楽亭は、大正末期から昭和にかけて建てられた、町屋建築の面影を残す近代和風建築です。かつては、料理旅館として、高橋是清、高松宮殿下、水谷八重子など貴賓・著名人の宿泊所にもなりました。

期日

平成30年2月4日(日曜日)午前10時~正午

会場

喜楽亭(豊田産業文化センター内) 

講師

畔柳 武司 氏(日本建築学会歴史意匠委員会委員)

内容

畔柳氏からの説明を聞いた後、畔柳氏と一緒に喜楽亭内を周ります。

参加者

10人程度

参加費

500円(喜楽亭ペーパークラフト付き) 

主催

公益財団法人豊田市文化振興財団  豊田市

問合せ

公益財団法人 豊田市文化振興財団 豊田産業文化センター
豊田市小坂本町1丁目25番地 
(電話)0565-33-1531 
(Eメール)tcul09@hm5.aitai.ne.jp

01

02

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

発見館
〒471-0027 
愛知県豊田市喜多町4-45(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-33-0301 ファクス番号:0565-33-0319