「川の新たな恵みを創ろう~川辺の「守(も)り」をつなげるために~」矢作川研究所シンポジウムを開催

ページ番号1022694  報道発表日 2018年1月23日 印刷

豊田市内では19の水辺愛護会と複数の市民グループ・企業が、魅力的な川辺づくりのための活動を行っています。しかし、多くの団体が活動の負担や高齢化、後継者不足といった問題を抱えています。水辺愛護活動を継承し、発展させ、良好な川辺空間を創り、維持していくためにはどうすればいいか、市民のみなさんとともに考えます。

日時

平成30年2月3日(土曜日)
午後1時30分から4時30分まで

場所

JAあいち豊田 ふれあいホール(豊田市西町4-5)

内容

  • 報告「豊田の川辺の愛護活動 ~成果と課題~」
    洲崎燈子・吉橋久美子(豊田市矢作川研究所)
    原田茂男(有間竹林愛護会)
    田中建三(トヨタ自動車株式会社 社会貢献推進部)
  • 講演「竹で遊ぼう。竹で暮らそう。」
    曽根原宗夫(天竜舟下り株式会社)
  • 意見交換「川辺の『守り』をつなげるために」
    曽根原宗夫、原田茂男、田中建三
    今井忠良(石倉水辺公園愛護会)

主催

豊田市

後援

国土交通省豊橋河川事務所、愛知県豊田加茂建設事務所、矢作川水系八漁協連絡協議会

参加費

無料(定員250人、会場先着)

その他

シンポジウム後にレセプション有り(有料、1月31日までに事前申込が必要)

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

矢作川研究所
〒471-0025 
愛知県豊田市西町2-19
電話番号:0565-34-6860 ファクス番号:0565-34-6028