平成29年度 西三河防災減災連携研究会 ワークショップの開催について

ページ番号1022589  報道発表日 2018年1月15日 印刷

豊田市も会員として参加している西三河防災減災連携研究会がワークショップを開催します。同ワークショップでは、国・県・関係市町・民間事業者、大学等が参加し防災・減災における広域及び産官学民の連携の必要性等について議論します。

日時

平成30年1月19日(金曜日)午後1時30分から5時まで
※受付は午後0時30分から会場前受付にて実施します。

場所

スカイホール豊田 サブホール(豊田市八幡町1丁目20番地)

参加機関(参加予定者数:約170人)

国(内閣府、内閣官房、中部地方整備局、中部経済産業局等)、愛知県、西三河9市1町、民間事業者(トヨタ自動車、中部電力、東邦ガス等)、名古屋大学 他

主な実施内容

  • 愛知県全域及び周辺自治体を掲載した大きな地図(約17m×21m)上に南海トラフ地震発災時に想定される様々な情報を投影し、産官学民それぞれの対応について、グループ単位で議論します。
  • 投影する情報は震度分布、液状化危険度、消防署・病院等の重要拠点の位置図のほか、津波伝播の動画など、南海トラフ地震に関連した様々な情報です。
  • グループ単位の議論は2回実施し、テーマは第1部「発災直後の対応について」、第2部「発災後約1週間~1か月程度経過後の生活再建、産業復興への対応について」を予定しています。

その他

  • 当日は午後1時30分からの開会式の中で太田豊田市長があいさつを行う予定です。
  • ワークショップは公開形式で実施します。取材される際は、当日の注意事項等の説明を行う必要があるため、会場付近に設置する受付にお越しください。
  • 当日は参加者が多数となるため、会場内の取材については、報道機関であることが分かるよう各社腕章等を必ず着用してください。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

地域振興部 防災対策課
業務内容:地域防災計画、防災思想の普及、災害対策本部などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6750 ファクス番号:0565-34-6048
お問合せは専用フォームをご利用ください。