人工知能(AI)を活用した総合案内サービスの実証実験を実施

ページ番号1022549  報道発表日 2018年1月12日 印刷

豊田市は、株式会社三菱総合研究所(以下「三菱総研」という。)と協力し、人工知能(AI)を活用した総合案内サービスの実証実験を実施します。
この実証実験は、人工知能(AI)の活用による行政サービスの向上及び業務効率化の効果を検証することを目的に行います。これまでにも三菱総研は、川崎市や掛川市と協力して実証実験を行っています。今回は、三菱総研が主宰する「行政情報標準化・AI活用研究会(注釈)」の参加自治体を対象とした実証実験に、本市も参加します。
(注釈)「行政情報標準化・AI活用研究会」とは、自治体におけるAI活用と、AIを活用するための自治体業務の標準化・共通化を考えるための研究会

実験期間

平成30年2月から3月まで(予定)

実験対象者

本市職員及び豊田市Eモニター制度登録者

サービス名

AIスタッフ・総合案内サービス版(仮称)

概要

  • 住民がスマートフォンからAIと対話(チャット)しながら、気軽に問合せできます。
  • 最終的な回答は、自治体のwebページに誘導します。AIが間違った答えをしてしまうことを防ぎます。
  • 検索と違って、知りたいことが曖昧でも、AIとやりとりすることで、必要な情報にたどり着くことができます。

イメージ

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

総務部 行政改革推進課
業務内容:市の行政改革などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎3階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6652 ファクス番号:0565-34-6815
お問合せは専用フォームをご利用ください。