国際連合地域開発センター(UNCRD)と共催「SDGs推進 国際シンポジウム」の開催について

ページ番号1022492  報道発表日 2018年1月5日 印刷

豊田市は、国際連合地域開発センター(UNCRD)と共催で、「SDGs推進 国際シンポジウム2018 inとよた~『つながる』でつくる持続可能な社会~」を開催します。
同シンポジウムでは、地方自治体、国際機関、企業、アジアの大学などの代表者が参加し、持続可能な社会の実現に向けた先進的な取組による経験や知見を共有するとともに、2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)(※)」を踏まえ、様々なステークホルダーが課題解決に向けてどのように取り組んでいくべきか議論します。
※SDGsとは、国際社会が2030年までに達成すべきゴールを定めたもの。貧困問題、気候変動、資源エネルギー、都市問題、地域間・国内格差など、17の目標が設定されています。

日時

平成30年2月2日(金曜日)午後1時~5時

場所

豊田市能楽堂(豊田参合館内)

内容

  • 基調講演
    公益財団法人自然エネルギー財団 理事 国谷裕子(くにや ひろこ)氏
    ※NHK総合「クローズアップ現代」前キャスター
  • ディスカッション(1)
    テーマ「都市間連携による人材育成・交流・環境教育~人・知識・交流がつなぐ都市間の課題解決~」
  • ディスカッション(2)
    テーマ「IoT、次世代モビリティなど最新技術がつなぐ持続可能な社会の実現」

定員

200人(入場無料、先着順)

申込み

Eメール(toyota-sdgs2018@city.toyota.aichi.jp)に、(1)氏名(フリガナ)、(2)年齢、(3)会社名(団体名)、(4)住所(町名まで)を記載し申込み(申込受付中)

その他

  • シンポジウムでは日本語を使用。会場では日・英同時通訳あり。
  • 取材にあたっては、取材要領をご確認ください。(事前登録制)

主催

豊田市、国際連合地域開発センター(UNCRD)

後援

内閣府地方創生推進室、外務省、環境省、イクレイ日本、愛知県

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

企画政策部 未来都市推進課
業務内容:持続可能なまちづくりに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6982 ファクス番号:0565-34-2192
お問合せは専用フォームをご利用ください。