「歌舞伎の衣装」を展示します

ページ番号1021416  報道発表日 2017年10月30日 印刷

豊田市には、住民自らが役者になりきり演じる「農村歌舞伎」が、江戸時代から受け継がれています。小原、藤岡、旭、石野の四地区に保存会があり、その技が伝承されています。
歌舞伎は、色彩的な美しさや刺繍技術の豪華さで見る人を圧倒する衣装が特徴的です。江戸時代の人々の色彩感覚の素晴らしさ、斬新なデザイン性、歌舞伎衣装の独特さなどを感じることができます。
この度、WE LOVEとよたの取組として、本市の歴史を知り、文化財を身近に感じてもらうため、豊田市歌舞伎伝承館のオープニングで展示した「歌舞伎の衣装」を市役所庁舎内で展示・PRします。

日時

平成29年11月2日(木曜日)から11月24日(金曜日)まで
市役所開庁時間(午前8時30分から午後5時15分まで)

場所

豊田市役所南庁舎1階 受付カウンター内

<参考>

豊田市が所有する歌舞伎衣装は、下川口町出身の竹本辰美太夫(たけもとたつみだゆう/明治37年生)から寄贈されたものです。同氏は、全国的な活躍をしていた市川少女歌舞伎一座の太夫として全国各地を巡業するとともに、藤岡村村議会議員、文化財保護委員、農業委員などを歴任し、地域の文化や教育の発展にも尽力されました。

写真 豊田市歌舞伎伝承館オープニングの展示
豊田市歌舞伎伝承館オープニングの展示

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

教育委員会教育行政部 文化財課
業務内容:文化財の調査・保護、郷土資料館、民芸館の運営に関すること
〒471-0079 
愛知県豊田市陣中町1-21-2(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-32-6561 ファクス番号:0565-34-0095
お問合せは専用フォームをご利用ください。