ラグビーワールドカップ2019に向けたテロ災害対応合同訓練を実施します

ページ番号1021332  報道発表日 2017年10月25日 印刷

豊田市は、ラグビーワールドカップ2019の開催都市の一つとして大会期間中は世界各国から多くの観客動員が予測され、特別な備えが必要となる事案が発生する恐れも増してきています。
豊田市消防本部は、各機関の初動体制を確立するとともに、テロ災害発生前後の消防と関係機関との連携及び協力体制の強化を図ることを目的として、テロ災害対応訓練を、豊田スタジアムで開催される愛知・豊田ラグビーフェスタ2017国際親善マッチの試合前に実施します。

日時

平成29年11月12日(日曜日)午前9時から午前11時まで

場所

豊田スタジアム西イベント広場等(豊田市千石町7丁目2番地)

内容

ラグビーの試合前に爆弾テロ災害を想定した避難誘導、救出、救助及び多数傷病者事故対応訓練

参加予定者

愛知県ラグビーフットボール協会、株式会社豊田スタジアム、愛知工業大学、愛知県警察(警察本部警備部、豊田警察署警備課)、豊田市消防団、豊田市女性消防連絡協議会、豊田市防災対策課、ラグビーワールドカップ2019愛知・豊田開催支援委員会、豊田市消防本部 ※順不同

駐車場について

駐車場の利用を希望される場合は、駐車券を用意しますので、事前に下記担当者までご連絡ください。なお、同日、同場所で開催される愛知・豊田ラグビーフェスタ2017の駐車券を別途確保している場合は、連絡は不要です。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

消防本部 中消防署
業務内容:救急、救助、火災の鎮圧などに関すること
〒471-0879 
愛知県豊田市長興寺5-17-1(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-35-9720 ファクス番号:0565-35-9729
お問合せは専用フォームをご利用ください。