災害による孤立地区への消防隊員・救助犬投入訓練 豊田消防・防災ヘリ・災害救助犬が合同訓練を実施

ページ番号1021020  報道発表日 2017年10月2日 印刷

近年、局地的な大雨等により、河川の氾濫や土砂災害による甚大な被害が発生し、孤立した地区への早期の救助活動の着手が課題となっています。
ついては、迅速な災害対応と、連携及び協力体制の強化を図ることを目的に、豊田市消防本部、愛知県防災航空隊、愛知災害救助犬協会が合同訓練を実施します。
訓練の主な内容は、大規模な土砂災害の発生により道路が寸断されたため、防災ヘリコプターに消防隊員を乗せ、上空からホバリングしながら、ワイヤーを使用し降下させる訓練と、行方不明者の捜索のため災害救助犬を被災地に投入するための訓練です。
なお、防災ヘリコプターには災害救助犬を乗せて輸送します。これは、愛知県で初めての試みです。

日時

平成29年10月7日(土曜日)午前10時から正午まで
(災害や天候で防災ヘリコプターの離着陸ができない場合は中止とします。)

場所

藤岡地区場外離着陸場(豊田市深見町岩花1067番地1)
※東海環状自動車道 豊田藤岡IC 約5分

訓練参加人員及び車両

(1)豊田市北消防署 車両4台 18人
(2)愛知県防災航空隊 ヘリコプター1機 6人
(3)愛知災害救助犬協会 車両1台 2人(災害救助犬2頭)
計 26人

その他

防災ヘリコプターが離着陸するため、訓練場所では消防職員の指示に従ってください。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

消防本部 北消防署
業務内容:救急、救助、火災の鎮圧などに関すること
〒470-0373 
愛知県豊田市四郷町森前100(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-43-0093 ファクス番号:0565-43-2167
お問合せは専用フォームをご利用ください。