妊娠期から子育て期への切れ目のない支援 豊田市産後ケア事業が始まります

ページ番号1021013  報道発表日 2017年9月29日 印刷

豊田市は、妊娠期から切れ目のない子育て支援の強化を図るとともに、安心して子どもを産み育てられる環境を整えるため、新たに「豊田市産後ケア事業」を開始します。
同事業では、家族等から十分な援助が受けられない方で、産後の強い育児不安と体調不良がある場合に、宿泊または通所で母子の心身のケアや育児サポートを行います。

開始日

平成29年10月2日(月曜日)から

内容

母子が一緒に実施機関に宿泊又は通所し、母子の健康管理、授乳方法の助言、育児相談等を受ける事業です。宿泊と通所を合わせて原則7日間まで利用可能で、利用にあたって事前審査があり、世帯の所得に応じて自己負担があります。

利用対象者

家族等から十分な援助が受けられない豊田市内に住所がある出産後3か月未満のお母さんとあかちゃんで、以下のいずれにも該当する方。

(1)お母さんの育児への心配事に対してサポートが必要であること
(2)病院などへの入院を必要としない程度の体調不良があること

実施機関

市内の産科医療機関(6か所)
※あかね医院、内田クリニック、グリーンベルクリニック、鈴村産婦人科、トヨタ記念病院、豊田厚生病院

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

子ども部 子ども家庭課
業務内容:児童・母子・父子家庭などの福祉給付、児童委員、乳幼児健康診査、母子保健事業 などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎2階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6636 ファクス番号:0565-32-2098
お問合せは専用フォームをご利用ください。