重要伝統的建造物群保存地区・足助の町並み伝統の祭典 足助まつり(足助八幡宮例祭)を開催します

ページ番号1021009  報道発表日 2017年9月29日 印刷

足助八幡宮は、秋の例祭「足助まつり(足助八幡宮例祭)」を下記のとおり開催します。
足助の山車は4台あり、江戸時代からある豪華な彫刻を飾りつけた高さ6mを超えるもので、豊田市有形民俗文化財に指定されています。その山車の出役棚で躍る若衆、優雅な音色を奏でる囃子、ごう音響く火縄銃、気合のこもった棒の手の演技など、勇壮で迫力のある祭りです。
なお、足助八幡宮は約1,300年前の白鳳3年の創建といわれ、本殿は国の重要文化財に指定されている歴史的価値の高い建造物です。

日時

試楽祭(しんがくさい) 10月7日(土曜日) 午後2時~8時頃
本楽祭(ほんがくさい) 10月8日(日曜日) 午前7時~午後9時頃

場所

足助八幡宮(足助町)及び周辺

内容

試楽祭

午後2時~ 山車各町内曳廻し
午後6時~ 神輿渡御(八幡宮の神輿が各町内を練り歩く)

本楽祭

午前7時~ 山車出発
午前7時40分~ 警固宮入(鉄砲隊・棒の手)
午前10時~ 山車宮入(神前にてお囃子奉納)
正午~ 警固中渡し(境内で鉄砲隊発砲、棒の手演技)
午後3時~ 神輿渡御出発
午後4時~ 警固総渡し(境内で発砲、各町へ引き上げ)
午後6時20分~ 山車曳廻し(神前にてボンデン投げ)
午後7時10分~ 山車引き上げ(帰り車)

問合せ

足助八幡宮(電話)0565-62-0516

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

地域振興部 足助支所
業務内容:庁舎内には、地域建設課、森林課、地域保健課東部地区担当、農地整備課地域担当、文化財課足助分室、上水運用センター足助分室、豊田市水道サービス協会足助分室、おいでん・さんそんセンター、とよた山里ホールディングスがあります。
〒444-2424 
愛知県豊田市足助町宮ノ後26-2(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-62-0600 ファクス番号:0565-62-0606
お問合せは専用フォームをご利用ください。