豊田市役所におけるフレックスタイム制度の実施について

ページ番号1020934  報道発表日 2017年9月26日 印刷

昨年度、フレックスタイム勤務を一部の職場で試行した結果、豊田市職員のワーク・ライフ・バランスの確保につながるなど効果が得られました。つきましては、フレックスタイム制度を以下のとおり本格的に実施します。
なお、条例改正を伴うフレックスタイム制度の導入は、県内市町村では初となります。

開始日

平成29年10月1日(日曜日)

制度の概要

1か月ごとの総勤務時間数を定め、公務の運営に支障がないと認める場合、各職員が午前7時から午後10時までの間で、勤務日の始業・終業の時間帯(フレキシブルタイム)を選択できる制度です。
(備考)ただし、午前10時から午後4時までは、必ず勤務しなければならない時間帯(コアタイム)として設定します。(育児や介護を行う職員の場合は、午前10時から午後2時まで)

期待する効果

  • 家族と過ごす時間の増加(家族のスケジュールに合わせて柔軟に勤務)
  • 時間外勤務の削減(繁忙期に勤務時間を延長し、閑散期に勤務時間を短縮)
  • 通勤時の渋滞、公共交通機関の混雑の回避(通勤通学のピーク時間を避けて勤務)

その他

  • 市役所の開庁、閉庁時間は、変更しません。
  • 公務に支障が生じないよう、交替制勤務の消防職員やこども園の保育師など一部の職員を除いて実施します。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

総務部 人事課
業務内容:組織管理、市職員の服務・給与・研修・福利厚生などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎3階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6609 ファクス番号:0565-34-6815
お問合せは専用フォームをご利用ください。