西保見小学校で外国人と日本人が「つながる」防災教育を開催

ページ番号1020907  報道発表日 2017年9月25日 印刷

豊田市立西保見小学校(校長:平吹洋子〈ひらぶき ようこ〉/児童数218人/保見ケ丘)は、地域の一員として防災活動に進んで協力して活動できる子どもの育成を目指して、学校公開日に全校で防災教育活動を行います。当校は、全校児童の約70%が外国人です。この事業は、創立30周年を機に、外国人とのことばの壁を乗り越えて、地域が「つながる」ことを意識した取組です。

日時

平成29年9月30日(土曜日) 午前8時50分から11時40分まで

場所

西保見小学校 教室、家庭科室、体育館

参加者

西保見小学校 全校児童218人、防災対策課、国際まちづくり推進課、豊田市赤十字奉仕団、北消防署保見出張所、トーカイエコボード、保護者、地域学校共働本部、地域住民

内容

  • 1年生 非常食を食べてみよう
  • 2年生 防災グッズをつくろう
  • 3年生 エコボードを使って、ダンボールハウスをつくろう
  • 4年生 コミュニケーションボードを使って、気持ちを伝えよう
  • 5年生 AEDの使い方や応急処置の仕方を知ろう
  • 6年生 ポリ袋を使って、炊き出しご飯を作ろう

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

教育委員会学校教育部 学校教育課
業務内容:学齢児童・生徒の就学、通学路、教科書の配布、学校の組織編制・諸行事・教育指導・教職員などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎6階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6661 ファクス番号:0565-31-9145
お問合せは専用フォームをご利用ください。