豊田市新博物館基本構想を策定しました

ページ番号1019274  報道発表日 2017年5月23日 印刷

豊田市は、市域拡大や流入人口の多さがもたらす歴史・文化の多様性を共有し、定住・交流する人たちにとって魅力あるまちづくりを実現するため、「豊田市新博物館基本構想」を策定しました。

策定年月日

平成29年3月31日

内容

新博物館の必要性、基本的な考え方、事業活動、施設整備、管理運営、今後の事業推進に向けて等(詳細は「豊田市新博物館基本構想[概要版]」参照)

施設像の特徴

まちの魅力の共有と発信を実現し、「WE LOVE とよた」を推進する拠点として以下の機能を設定

  1. 豊田市のあゆみを物語る資料を次世代へ継承し、その価値・魅力を発信するために必要な収集・保存、調査・研究、展示・公開を充実させる「博物館基盤機能」
  2. 多様な人々が集う場や機会をつくる「出会い・交流機能」
  3. 市民の郷土愛や活力・活動を育む「学習支援・創造機能」
  4. 市内の回遊と交流を促進する「ネットワーク機能」

閲覧

  • 市ホームページ掲載 平成29年5月24日(水曜日)
  • 市政情報コーナー(市役所南庁舎1階)設置 平成29年5月24日(水曜日)

今後の予定

施設機能や事業をさらに詳細に検討するため、市民ワークショップやシンポジウムを開催するなど、広く意見をいただきながら平成29年度中に新博物館基本計画を策定する。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

教育委員会教育行政部 文化財課
業務内容:文化財の調査・保護、郷土資料館、民芸館の運営に関すること
〒471-0079 
愛知県豊田市陣中町1-21-2(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-32-6561 ファクス番号:0565-34-0095
お問合せは専用フォームをご利用ください。