報道発表資料 歩行領域での新たなモビリティ「C+walk T」の導入について

ページ番号1046098  報道発表日 2021年10月4日 印刷

豊田市は、豊田市つながる社会実証推進協議会の取組として、平成30年から市内の公共施設や医療機関において、施設管理の効率化や利用者の利便性向上を目的に、歩行領域での新たなモビリティの実用化に向けた実証を重ねてきました。
この度、実証で有効性が確認されたため、目的に合致したモビリティとして、立った姿勢での乗車を特徴とする3輪BEV「C+walk T(シーウォークティー)」(トヨタ自動車株式会社製)を自治体として初めて導入します。
また、これまでの実証の報告及び導入車両のお披露目試乗会を以下のとおり行います。

導入施設と概要

<豊田スタジアム(千石町7-2)>

  • 導入日:令和3年10月4日(月曜日)
  • 目的:施設の巡回管理
  • 主体:株式会社豊田スタジアム
  • 台数:1台

<鞍ケ池公園(矢並町法沢714‐5)>

  • 導入日:令和3年10月4日(月曜日)
  • 目的:施設の巡回管理※園内での多様な使い方について今後検討
  • 主体:大和リース株式会社(公園の共同管理体)
  • 台数:2台

<豊田地域医療センター(西山町3-0-1)>

  • 導入日:令和3年11月(予定)
  • 目的:患者の立った姿勢での移動支援※リハビリでの活用可能性について今後検討
  • 主体:豊田市公益財団法人豊田地域医療センター
  • 台数:1台

歩行領域実証の報告及び「C+walk T」お披露目試乗会

  • 日時:令和3年10月7日(木曜日)午後1時~
  • 場所:鞍ケ池公園 レストランストア棟前※雨天の場合、プレイハウス前に変更
  • 概要:各施設における実証の経緯成果の報告、「C+walk T」のお披露目仕様説明、車両試乗会※いずれも関係者限定
  • 出席者:豊田市長、施設関係者、車両関係者

<参考>「C+walk T」概要(詳細は別添参照)

  • サイズ:全長:700mm 全幅:450mm 全高:1,210mm
  • 最高速度:2、3、4、5、6、10km/h(切替可)
  • 連続走行距離:約14km※最大速度6km/hに設定の場合
  • 乗員条件:身長 140~185cm 体重 100kg以内※荷物含む

シーウォークティー

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

企画政策部 未来都市推進課
業務内容:持続可能なまちづくりに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6982 ファクス番号:0565-32-3794
お問合せは専用フォームをご利用ください。