報道発表資料 「豊田市次世代航空モビリティ 協業ネットワーク」発足式を開催します

ページ番号1044968  報道発表日 2021年7月28日 印刷

豊田市と株式会社SkyDrive(本社:東京都新宿区)は、「新産業創出に向けた『空飛ぶクルマ』開発に関する連携協定(令和元年5月9日締結)」及び「物流ドローンの災害時活用及び社会実装促進に向けた協定(令和3年6月25日締結)」に基づき、豊田市内における次世代航空モビリティ(空飛ぶクルマや物流ドローン)の産業化を目指しています。
その一環として豊田市は、株式会社SkyDriveと市内企業・団体等との連携を促進し、次世代航空モビリティの開発・製品化の加速や実証実験を通じた活用機会の創出等を行う「豊田市次世代航空モビリティ 協業ネットワーク」を構築します。つきましては、以下のとおり発足式を開催し、市内企業・団体等の参画を促します。

とき

令和3年8月4日(水曜日) 午後2時~3時30分

ところ

豊田市福祉センター ホール(錦町1丁目1番地1)

対象者

次世代航空モビリティに関心がある市内企業・団体等

内容

  • 市長あいさつ
  • 講演 「空の移動革命への挑戦と協業ネットワークへの期待」
    株式会社SkyDrive 代表取締役CEO 福澤知浩氏
  • 講演 「空の移動革命に向けた政府の取組と期待」
    経済産業省 製造産業局 産業機械課 次世代空モビリティ政策室長 川上悟史氏
  • 協業ネットワークの概要説明、参画方法についての案内

協業ネットワークでは、次の3つの視点で連携を促進していきます。

  1. 「サプライ」では、空飛ぶクルマや物流ドローンの開発を進める上で必要となる試作開発や部品製造、治具製作等で連携できる事業者(主に市内製造業)と連携
  2. 「ユースケース&サービス」では、空飛ぶクルマや物流ドローンを活用して新たにビジネスを創出したいサービス提供者、地域課題や事業課題を解決したい事業者等と連携
  3. 「ヒューマン」では、空飛ぶクルマや物流ドローンが地域に受け入れられるよう、人材育成や教育、普及啓発等、主に教育機関等と連携

● その他

当日は、株式会社SkyDriveが開発した空飛ぶクルマ及び物流ドローンを展示します。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

産業部 次世代産業課
業務内容:ものづくり創造拠点の運営管理、イノベーション創出、次世代産業の育成などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市挙母町2-1-1(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-47-1250 ファクス番号:0565-47-1252
お問合せは専用フォームをご利用ください。