報道発表資料 データ作成誤りによる介護サービス給付費の支払遅延について

ページ番号1043573  報道発表日 2021年4月30日 印刷

豊田市が愛知県国民健康保険団体連合会(以下、「国保連」という。)に毎月送付している受給者データ(※1)の4月送付分に不備があり、国保連から支払われるべき介護サービス給付費の5月分が、一部の介護サービス事業者(以下、「事業者」という。)に対し、予定日に支払うことができないことが判明しました。
(※1)被保険者ごとの要介護度、負担割合、利用している計画届出事業所などの異動情報

判明日

令和3年4月27日(火曜日)

判明の経緯

  • 令和3年4月5日(月曜日)
    市から国保連に受給者データ(1,778件(1,597人分))を送付
  • 令和3年4月27日(火曜日)
    国保連から市に「支払い不能リスト」が届く。「支払い不能リスト」を確認したところ、一定条件(※2)のデータ(18件(18人分))が、市の送付した受給者データから漏れており、事業者から国保連に送付された利用実績データと不整合になったことが判明した。
    (※2)利用者から2月に要介護・要支援認定の変更申請が行われ、市が3月に認定結果を決定したもののうち、2月以前から介護サービスを利用するための暫定ケアプランを計画届出事業者が作成していた場合
  • 令和3年4月28日(水曜日)
    国保連に18件の暫定ケアプランに関係する事業者を確認し、暫定ケアプランを作成した計画届出事業者が14者、暫定ケアプランに基づき介護サービスを提供した事業者が37者、合計51者と判明した。

原因

  • 国保連に送付する受給者データを作成するためのプログラムの修正漏れのため。

支払遅延となった金額

調査中(5月末頃に確定予定)

今後の対応

  • 市は、支払遅延となった事業者に電話で謝罪するとともに、そのうち計画届出事業者には、国保連へ給付管理票を再送付と居宅介護サービス費の再請求をするように依頼する。
  • 市は修正した受給者データを国保連に送付する。
  • 国保連は、市からの受給者データと、計画届出事業者からの再送付データを確認し、事業者へ支払い遅延となった分を6月に支払う。
  • 再発防止として、プログラム修正時には、検証条件に合ったテストデータが作成されているか複数人で確認する。併せて、プログラム検証のあり方について課内研修を実施する。

その他

市民の自己負担額には影響がありません。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

福祉部 介護保険課
業務内容:介護保険に関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎1階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6634 ファクス番号:0565-34-6034
お問合せは専用フォームをご利用ください。