報道発表資料 森のアート展「紙絮一苫~紙のある暮らし~」を開催

ページ番号1043566  報道発表日 2021年4月30日 印刷

豊田市民芸の森では、森のアート展「紙絮一苫(かみじょいっせん)~紙のある暮らし~」を開催します。
第13回となる今回の森のアート展では、韓国の手漉きの紙で作品づくりをしている韓紙工芸作家で豊田市在住の藤本由美子(ふじもと ゆみこ)氏による美濃和紙と韓紙で作った家具や小物を展示します。作家は、紙で色々な事が出来る事を知ってもらいたいと、立体的に見える切り絵やしわ加工、脱色、二重貼りなどの技法を駆使した暮らしに使える作品を制作しています。今回は箪笥(たんす)・机・灯り・小物などを展示します。
※「紙絮一苫」…「紙」という漢字の成り立ちを表す言葉。紙は、絮(じょ・わた)を苫(せん・すのこ)でこしたもの。

とき

令和3年5月1日(土曜日)~6月13日(日曜日) 午前9時~午後5時
※休館日は月曜日、ただし祝日の場合は開館

ところ

豊田市民芸の森(平戸橋町石平60-1)

観覧料

無料

展示点数

約15点

<韓国工芸技法を用いた箪笥>
韓国工芸技法を用いた箪笥

ギャラリートーク

  • 日時:5月8日(土曜日)午前10時~11時
  • 場所:豊田市民芸の森 田舎家 ほか
  • 内容:作家自身による作品解説

ワークショップ

  • 日時:
    5月15日(土曜日)午後2時~4時
    6月5日(土曜日)午後2時~4時
  • 場所:豊田市民芸の森 管理棟
  • 体験料:500円(材料費込み)
  • 内容:韓紙で作る韓国工芸技法の小物(切り子ミニランプ、コースター、小皿から一つ選択)の作成。申込方法など詳細は、https://www.facebook.com/yuzufuku55

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

民芸館
〒470-0331
愛知県豊田市平戸橋町波岩86-100(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-45-4039 ファクス番号:0565-46-2588