報道発表資料 C+podを活用した公用車のシェアリング実証について

ページ番号1043374  報道発表日 2021年4月20日 印刷

豊田市は、豊田市つながる社会実証推進協議会の取組として、トヨタ自動車株式会社、NTPグループ・株式会社トヨタレンタリース名古屋とともに、C+podを活用した、公用車のシェアリング実証を開始します。
今回の実証は、新たにトヨタ自動車の会員制カーシェアリングサービス「TOYOTA SHARE※」を活用し、同サービスに導入されるC+pod2台を、平日は、市が公用車専用としてレンタルし、休日は、シェアリングカーとしてTOYOTA SHARE会員が利用するという、公用車とシェアリングカーの併用モデルに取り組むものです。
この実証を通じ、官民連携による、公用車併用モデルの新たなサービスを構築していきます。

開始日

  • 公用車としての使用開始日 令和3年4月21日(水曜日)
  • TOYOTA SHAREとしてサービス開始日 令和3年4月24日(土曜日)

実証拠点(C+pod発着点)

豊田市駅西口Ha:mo RIDE豊田 豊田市駅西ステーション内(西町6丁目)

実証目的

  • 公用車管理コストの最適化に向けた検討
  • C+pod 活用による電気自動車の普及促進
  • 駅前を拠点としたシェアリングカーによる買い物・観光利用のニーズ把握

実証主体と役割

  • トヨタ自動車:TOYOTA SHAREのシステム提供、充電器等の設備提供
  • トヨタレンタリース名古屋:TOYOTA SHAREの運営、車両管理、利用促進
  • 豊田市:平日の公用車としての車両レンタル、実証のPR、効果検証

※ TOYOTA SHARE

トヨタ自動車が令和元年から開始したカーシェアリングサービス。各トヨタ販売店、レンタリース店、一部のダイハツ販売店で提供し、ステーションは愛知県内15箇所3月31日現在)。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

企画政策部 未来都市推進課
業務内容:持続可能なまちづくりに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6982 ファクス番号:0565-34-2192
お問合せは専用フォームをご利用ください。