報道発表資料 大規模災害時の対応力を強化 新たに4地区の消防団に災害支援機能別団員制度を採用

ページ番号1043099  報道発表日 2021年4月1日 印刷

豊田市消防団は、大規模災害時の対応力強化を図るため、新たに高橋・美里・益富・松平地区の消防団に災害支援機能別団員制度を採用します。
消防団経験者14人が「災害支援機能別団員」として消防団に再入団し、大規模災害時には消防団活動の支援を行います。
つきましては、「災害支援機能別団員」への辞令交付を以下のとおり実施します。

とき

令和3年4月4日(日曜日)午前9時30分~10時30分

ところ

豊田市消防本部 屋内訓練場(長興寺5-17-1)

入団者

高橋・美里・益富・松平地区の消防団経験者14人

その他

下山地区、稲武地区、旭地区、足助地区、小原地区に続く、災害支援機能別団員制度の採用となります。

<参考>災害支援機能別団員とは

昼夜間を問わずあらゆる災害、訓練に参加する基本団員に対し、業務を限定し入団時に定めた特定の活動のみに参加する団員のことをいいます。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

消防本部 総務課
業務内容:消防行政の企画、消防施設の管理、消防団、消防音楽隊などに関すること
〒471-0879 
愛知県豊田市長興寺5-17-1(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-35-9717 ファクス番号:0565-35-9709
お問合せは専用フォームをご利用ください。