報道発表資料 NTPホールディングス株式会社から豊田市立の小学校へサッカーボールが寄付されます

ページ番号1042434  報道発表日 2021年3月16日 印刷

名古屋トヨペットなどNTPグループの統括会社であるNTPホールディングス株式会社(本社:名古屋市熱田区尾頭町2-22)は、名古屋グランパスと協力し、豊田市立の小学校へサッカーボールを寄贈する「1ゴール10球キャンペーン」を実施しています。ついては、以下のとおり目録の贈呈式を実施します。

とき

令和3年3月25日(木曜日) 午後2時30分~2時45分

ところ

豊田市役所 南庁舎5階 市長室

出席者

  • NTPホールディングス株式会社 取締役 小栗成男(おぐり しげお)氏
  • 株式会社名古屋グランパスエイト 代表取締役社長 小西工己(こにし こうき)氏
  • 豊田市長 太田稔彦(おおた としひこ)

寄贈品

サッカーボール 125球(NTPグループ・名古屋グランパス・WE LOVE とよたロゴ入り)
(343,750円相当)

寄贈先

市内市立小学校25校(各学校に5球ずつ)
(青木小学校、朝日小学校、足助小学校、飯野小学校、石畳小学校、市木小学校、五ケ丘小学校、五ケ丘東小学校、稲武小学校、井上小学校、伊保小学校、岩倉小学校、畝部小学校、梅坪小学校、追分小学校、大蔵小学校、大沼小学校、大畑小学校、大林小学校、小渡小学校、小原中部小学校、加納小学校、上鷹見小学校、九久平小学校、幸海小学校)
※令和2年度から令和4年度までの3年間で市内すべての市立小学校(75校)に寄贈予定

<参考>「1ゴール10球キャンペーン」とは

名古屋グランパスの公式戦1得点ごとに10球のサッカーボールを地域の小学校に寄贈する平成22年度から始まったNTPホールディングス株式会社様の地域貢献活動。令和2年度は、豊田市を含む7市に割り振られ寄贈される予定。豊田市には昨年度初めて寄贈され、全校(75校)に5球ずつ贈られた。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

教育部 学校づくり推進課
業務内容:市立学校の予算管理、物品・備品・教材等の整備、学校の施設・設備・用地の管理、施設整備・施設計画などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎6階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6659 ファクス番号:0565-35-4551
お問合せは専用フォームをご利用ください。