報道発表資料 豊田市わがまちアスリート 山本聖途選手が「とまってくれてありがとう運動」を、オンラインで古瀬間小児童に啓発します

ページ番号1041892  報道発表日 2021年2月12日 印刷

東京2020オリンピック競技大会出場を目指している豊田市わがまちアスリートの山本聖途(やまもと せいと/棒高跳競技/トヨタ自動車株式会社所属)選手が、豊田市立古瀬間小学校の児童に、安全な横断歩道の渡り方である「とまってくれてありがとう運動」の啓発をZoomアプリを使ってオンラインで行います。
豊田市は、横断歩道を渡っている歩行者を事故から守るため、令和元年10月から「とまってくれてありがとう運動」に取り組んでいます。

日時

令和3年2月18日(木曜日) 午後2時30分~3時15分

場所

古瀬間小学校(志賀町西之海道240)

参加者

古瀬間小学校 全校児童 351人

内容

  1. 全学年の各教室で、「とまってくれてありがとう運動」のポイントや重要性について、山本選手と交通安全防犯課職員との掛け合いで説明。(午後2時30分~2時45分)
  2. 交通安全マスコットキャラクター「シグナルちゃん」、益富地区シンボルキャラクター「くるみん&ますみん」が見送る中、児童が高さ5m75センチメートル(山本選手の自己ベスト記録) に設定したバーの下をくぐって下校。(午後3時10分~3時15分。ただし、雨天の場合、児童がバーの下をくぐることは中止。)

※午後2時45分~3時10分は、下校準備。

事前学習

啓発日以前に、学校に配布した映像資料(令和2年7月に豊田市交通安全市民会議作成。3分程度。)と別紙の児童向けの資料を使用し、児童が運動について理解を深めます。

取材申込

駐車場の確保等のため、2月16日(火曜日)までに、交通安全防犯課まで御連絡ください。

その他

「とまってくれてありがとう運動」啓発の前(午後1時55分~2時25分)に、5年生、6年生に対し、山本選手のキャリア講演をオンラインで行います。自身の経験を交えた夢や目標を持ち努力することの大切さ等の話に加え、「とまってくれてありがとう運動」の重要性を伝えます。(キャリア講演に関する問合せは、古瀬間小学校 教頭 安田 祐子(0565-80-0593)まで。)

<参考>山本聖途選手について

【生年月日】平成4年3月11日
【主な成績】2012年ロンドンオリンピック 出場、2016年リオデジャネイロオリンピック 出場、第18回アジア競技大会2018  金メダル
【わがまちアスリート認定日】平成30年9月13日

山本聖途選手
<山本聖途選手>

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

地域振興部 交通安全防犯課
業務内容:交通安全、交通事故防止、放置自転車問題、防犯施策などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6633 ファクス番号:0565-32-3794
お問合せは専用フォームをご利用ください。