報道発表資料 井ノ口町地内における水質事故の発生について

ページ番号1041818  報道発表日 2021年2月4日 印刷

井ノ口町地内の太陽光発電施設の工事現場において水質事故が発生し、それに伴い流入河川である大沢川(矢作川流域)において魚がへい死しました。

発生日時

令和3年2月3日(水曜日) 午後3時頃

事故の原因

  • 原因者…
    千代田化工建設株式会社(工事業者)
    神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目6番2号
    連絡先:045-225-4912(担当者:山田)
  • 発生場所…井ノ口町地内「パシフィコ・エナジー豊田メガソーラー発電所」の工事現場
  • 原因…流出した薬剤の影響と考える。

経緯

  • 2月3日(水曜日)午後3時頃、工事用の濁水処理施設で不具合が発生し、薬剤(ポリ塩化アルミニウム※)1.5立方メートルが流出していることを工事業者が確認
  • 2月4日(木曜日)午前11時頃、周辺住民が大沢川(大河原町)において、数十匹のへい死魚を確認し、市に通報があったため、直ちに現地に出動(午前11時30分)
  • 同日午後0時頃、周辺住民から通報を受けた工事業者が、市に濁水処理施設の不具合により河川に影響を与えた旨を報告
  • 同日午後1時頃、市は現地立入を行い、事業者の措置及び薬剤の流出が止まっていることを確認
  • 同日午後1時30分頃、市が下流の矢作川の状況を確認したところ、異常はなかった。

※ポリ塩化アルミニウム:水道等で使用される水の汚れを処理するための凝集剤

対応

事業者にへい死魚の回収及び再発防止対策を講ずるよう指導

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

環境部 環境保全課
業務内容:公害諸法に基づく工場等の届出・規制指導、環境の常時監視、企業との環境保全協定に関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所環境センター2階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6628 ファクス番号:0565-34-6684
お問合せは専用フォームをご利用ください。