報道発表資料 旧鈴木家住宅を学び楽しむ会 「~貴重な香木の香りを聞く~聞香BAR」を開催します

ページ番号1041762  報道発表日 2021年2月1日 印刷

豊田市は、現在修理中の重要文化財「旧鈴木家住宅」について、その価値や魅力を学び感じ楽しんでもらえるよう、平成29年から「旧鈴木家住宅を学び楽しむ会」を毎年開催しています。
今年度は伽羅や沈香など貴重な香木の香りをカジュアルに楽しめる聞香BARを開催します。江戸時代、当時の鈴木家当主が香道に精通しており、香道志野流の家元から出された免許皆伝の書や貴重な香道具も紹介します。

日時

令和3年3月13日(土曜日)
(1) 午前10時~11時30分 (2)午後0時30分~2時 (3)午後2時30分~4時

場所

旧田口家住宅(足助町本町8)
※旧鈴木家住宅は修理工事中のため、近くの公有施設「旧田口家住宅」を会場とします。

定員

6人/回(抽選・小学5年生以上)

内容

貴重な香木の香りを楽しむカジュアルな聞香体験と足助の商家・鈴木家の香道具紹介

参加費

1人2,000円

申込み

2月21日(日曜日)までに【氏名・住所・連絡先・希望時間】をメールで文化財課足助分室
bunkazai-asukebunshitsu@city.toyota.aichi.jp)まで
※抽選結果は2月26日(金曜日)までにメールで連絡

主催、問合せ先

文化財課足助分室(bunkazai-asukebunshitsu@city.toyota.aichi.jp
電話0565-62-0609(平日 午前8時30分~午後5時15分)

<参考>旧鈴木家住宅とは

平成25年に国の重要文化財に指定され、平成26年から修理工事を行っています。鈴木家は屋号を「紙屋」といい、紙を扱う商売をしていたようです。後に金融業や土地経営で財を成し、足助を代表する商家となりました。江戸から明治の建築物が良好に残り、足助の大規模商家の発展過程を示すものとして価値が高いものと評価されています。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

生涯活躍部 文化財課 足助分室
業務内容:豊田市足助伝統的建造物群保存地区や旧鈴木家住宅に関すること
〒444-2424
愛知県豊田市足助町宮ノ後26-2(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-62-0609 ファクス番号:0565-62-0606