報道発表資料 民芸館特別展「柳宗悦と古丹波」を開催

ページ番号1040541  報道発表日 2020年11月5日 印刷

豊田市民芸館は、特別展「柳宗悦(やなぎむねよし)と古丹波(こたんば)」を開催します。
六古窯のひとつにあげられる丹波焼が評価されるようになったのは、柳宗悦(やなぎ むねよし/日本民藝館創設者)と中西幸一(なかにし こういち/丹波古陶館初代館長)・中西通(なかにし とおる/二代目館長)によるところが大きく、各氏とも多くの作品を集めています。特に、柳宗悦は情熱を傾け、中近世の丹波焼を集めました。
今回の特別展は、令和元年に日本民藝館で開催された展覧会を再構成し、柳が丹波焼と出会ってから晩年に至るまでの収集をたどって主要な作品を紹介するとともに、豊田市民芸館所蔵の古丹波の作品も展示します。

とき

令和2年11月7日(土曜日)~令和3年2月28日(日曜日) 午前9時~午後5時
※休館日:月曜日(ただし祝日の場合は開館)、12月28日(月曜日)~1月4日(月曜日)

ところ

豊田市民芸館(平戸橋町波岩86-100)

入館料

一般300円、高大生200円
※中学生以下と70歳以上、豊田市内在住・在学の高校生、障がい者は無料

学芸員による展示解説

日時:11月21日(土曜日)・1月30日(土曜日)午後2時~3時
内容:学芸員による展示ガイドと作品解説
定員:先着15人

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

民芸館
〒470-0331
愛知県豊田市平戸橋町波岩86-100(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-45-4039 ファクス番号:0565-46-2588