報道発表資料 給食における金属片混入について(第1報)

ページ番号1040080  報道発表日 2020年9月29日 印刷

ベル豊田幼稚園(五ケ丘、園児数285人)で提供した給食に金属片が混入したため、原因究明と再発防止に努めています。

概要

令和2年9月29日(火曜日)、ベル豊田幼稚園で提供した給食で、3歳児1人が口に入れたカレイフライから、長さ20mm、太さ0.5mm程度の金属片(ホチキス針様)が発見された。なお当該児童の健康被害はなかった。

現在の対応状況

(1)原材料の加工・納入段階

  • 加工業者は出荷前に、金属探知機による検査を2回実施しているが、その段階では異常はなかった
  • 市、学校給食協会、加工業者で、混入の可能性を確認中
  • 当該物資(カレイフライ)は、市内の他の園・学校での給食でも使用されているが、同様の金属片の混入や健康被害は報告されていない

(2)調理段階

  • 調理場(東部給食センター)での使用機材を確認し、類似の金属片は確認されなかった

(3)園での配膳段階

  • 9月19日(土曜日)以降、当該クラス内ではホチキスを使用していない

今後の方針

  • 混入した金属片の調査を実施
  • 調理場で同様の金属片の混入の可能性は低いと判断し、給食の提供は継続
  • 給食提供の各工程における注意喚起
  • 配膳前の目視確認の徹底を園・学校に対し通知

問合せ

  • 給食調理及び給食センターに関すること
    保健給食課 電話:0565-34-6663
  • 幼稚園に関すること
    保育課 電話:0565-34-6809

写真 混入した金属片

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?