報道発表資料 新しい生活様式を交通安全に取り入れた 人もクルマも自転車も「間隔をあけよう」ポスターを作成

ページ番号1038495  報道発表日 2020年6月10日 印刷

豊田市交通安全市民会議は、新型コロナウイルス感染症に対応するための「新しい生活様式」と「交通安全」を掛け合わせたポスターを作成しました。

目的

新しい生活様式の一つである「身体的距離の確保」とともに、交通ルールである自転車と自転車、自動車と自動車の距離をとることを呼び掛け、人と人との距離(ソーシャルディスタンス)をとることが相手に対する思いやり距離(サンキューディスタンス)につながることを訴える。
※「思いやり距離(サンキューディスタンス)」とは、「相手を思いやって間隔をあけるための距離」を表す造語です。

掲出・配布先

作成したポスターは、市役所や交流館等で掲出するほか、6月10日(水曜日)以降、自治区、豊田市交通安全市民会議加盟団体等に配布します。

ポスター仕様

A2サイズ、フルカラー

作成枚数

600枚

<作成したポスター>(写真)
<作成したポスター>

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

地域振興部 交通安全防犯課
業務内容:交通安全、交通事故防止、放置自転車問題、防犯施策などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6633 ファクス番号:0565-32-3794
お問合せは専用フォームをご利用ください。