学校・園給食における異物混入の疑いについて(第1報)

ページ番号1035543  報道発表日 2019年12月11日 印刷

南部給食センターが提供した給食に金属製のねじが混入した可能性があるため、「おでん」の喫食を中止し、事実確認に努めています。

異物混入事案

  • 令和元年12月11日(水曜日)、南部給食センターの調理員が、おでんの食材を切った後に、スライサーを点検したところ、刃物を固定するねじが1本欠落していたことを発見した。ねじは、スライサーの刃を固定するためのもので、金属製で直径8ミリ、長さ4ミリ程度。
  • 発見後直ちに、南部給食センターの職員がこども園及び小学校に対し、喫食中止を連絡したが、ねじの欠落に気づいたのがセンターから配送した後であったため、一部のこども園及び小学校の園児、児童及び教職員が喫食した。
  • 中学校は、給食を配送する前であったため、提供を中止した。

南部給食センターの給食実施数及び喫食状況(12月11日午後0時40分時点)

 

給食実施数

提供食数

喫食済

こども園

15園

2,016食

5園 74人(うち園児 50人)

小学校

8校

5,056食

2校 23人(うち児童 9人)

中学校

4校

2,394食

喫食なし

27校園

9,466食

7校園 97人(うち園児・児童 59人)

なお同日午後2時時点の調査では、健康被害の報告は寄せられていない。

発見までの経過

  • 12月11日(水曜日)の早朝、給食センターの職員がスライサーの刃を装着する際、使用前確認の行い、異常がないことを確認した。
  • 同日10時50分に調理員が、調理作業終了後スライサーを分解洗浄中、ねじの欠落を発見。

現在の対応状況

  • 発見後、直ちに、複数の調理員等でスライサーの周囲や、使用した器具、排水溝等を捜索したが、ねじを発見できていない。
  • 配送していない中学校分の給食を確認したが、ねじは発見できなかった。
  • こども園・小学校に配送したおでんは回収して、ねじを捜索している。
  • 同日、午後1時30分から市と調理業者が現地調査を行い、原因は取り付けの際の目視点検不足であった。
  • 同日、午後0時20分に市内給食センターに、本事案を情報提供し、注意喚起を行った。

添付ファイル

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

教育委員会学校教育部 保健給食課
業務内容:児童・生徒の健康管理、学校環境衛生、学校給食、給食センター運営などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎6階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6663 ファクス番号:0565-34-6824
お問合せは専用フォームをご利用ください。