報道発表資料 豊田市エコファミリー支援補助金の拡充について

ページ番号1035469  報道発表日 2019年11月29日 印刷

豊田市は、環境に優しい超小型電気自動車(以下、超小型EV)の購入補助を実施しています。
超小型EVは、小回りが利き、小型・軽自動車と比べても速度が遅いため、重大な交通事故につながる危険性が低下することが期待されています。ついては、今回、高齢者が安全に車を運転できる環境づくりの一環として、満70歳以上の高齢者を対象に補助額の増額を行います。

申請受付

令和元年12月2日(月曜日)~令和3年3月31日(水曜日)

対象

申請年度末時点で満70歳以上で、以下の条件を満たしている人

  • 新車登録日の1年以上前から、申請の際まで引き続き市内に在住している人
  • エコファミリー宣言をした人(エコファミリーカードを持っている人)
  • 豊田市税を滞納していない人 など

内容

超小型EVの購入補助
【改定前】補助額:超小型EV車両本体価格の5% 上限3万5千円
【改定後】補助額:超小型EV車両本体価格の5% 上限7万5千円

申請方法

提出書類を揃えて、とよたエコライフセンター(市役所環境センター1階)に提出
※詳細は市HPを参照

その他

同補助制度について、以下のとおり高齢者の集まる場でPRを行います。

  1. とき
    令和元年12月6日(金曜日)午前9時~午後4時30分
    ※豊田市高齢者クラブ連合会主催「オールドマン芸能発表会」
  2. ところ
    豊田市民文化会館 大ホール前ホワイエ(豊田市小坂町12丁目100)
  3. 内容
    トヨタ車体株式会社の協力で超小型EV(COMS)を展示・紹介
    補助制度のちらし配布

豊田市エコファミリー支援補助金とは

エネルギーの地産地消及び市民の暮らしの低炭素化を推進することを目的とする市民向け補助制度で、スマートハウスを構成する、創エネルギー機器(住宅用太陽光発電システム、家庭用燃料電池システム)、省エネルギー機器(家庭用エネルギー管理システム)、蓄エネルギー機器(家庭用リチウムイオン蓄電池システム、電気自動車等充給電設備)の導入、高断熱窓の設置及び次世代自動車の購入に要する費用の一部を補助するもの。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

環境部 環境政策課
業務内容:環境に関する政策立案、環境管理マネジメントシステム、環境学習・啓発、自然保護、次世代自動車・太陽光発電補助などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所環境センター1階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6650 ファクス番号:0565-34-6759
お問合せは専用フォームをご利用ください。