報道発表資料 山村地域(旭、足助、稲武、小原及び下山地区)の定住促進に向けた取組について

ページ番号1035468  報道発表日 2019年11月29日 印刷

豊田市は、人口減少が進む山村地域の定住を促進するため、居住促進地区を設定し、農振除外(農用地区域からの除外)の審査を緩和します。

山村地域における居住促進地区の設定

山村地域において、農林業振興、防災等の調整を図りながら日常生活を支える生活機能や居住地を確保し、生活利便性の維持等による居住人口の確保を図るため、以下のとおり居住促進地区を設定しました。

対象範囲

  1. 旭・足助・稲武・小原・下山の各支所から概ね半径1kmの範囲
  2. 基幹集落(概ね50世帯以上を有する集落:町単位で設定)
  3. 国道及び主要地方道のうち、緊急輸送に指定された道路の端部から概ね50mの範囲
  4. 定住対策に取り組むための計画を策定している小学校区においては、小学校から概ね半径1kmの範囲

農振除外審査の緩和 

山村地域の居住促進地区においては、農振農用地であっても住宅を建てる場合、原則、その必要性を認めます。
農振農用地を住宅地として活用する場合は、農振除外の申請が必要です。
農振除外申請は、年4回受け付けています。

  • 令和2年の申請受付日
    2月3日(月曜日)、5月1日(金曜日)、8月3日(月曜日)、11月2日(月曜日)
  • 申請場所
    豊田市役所 西庁舎7階 農政課

住宅建築を主眼とする農地活用に対する相談窓口の開設

行政書士による相談窓口を山村地域の各支所(旭、足助、稲武、小原及び下山地区)に開設しました。行政書士との相談は予約制となり、1対象農地につき1回無料で、相談するには対象土地の地籍図や名寄せ等が必要となります。

※関連予算 農業振興地域整備計画変更業務委託事業(12月補正予算)

問合せ

  • 居住促進地区、相談窓口に関すること
    企画課(内線)3-0510(直通)0565-34-6602
  • 農振除外に関すること
    農政課(内線)2-4050(直通)0565-34-6639

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

企画政策部 企画課
業務内容:総合計画、政策の推進・評価、山村振興、公共施設等の維持管理・更新に関する総合調整などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6602 ファクス番号:0565-34-2192
お問合せは専用フォームをご利用ください。