報道発表資料 豊田工業高等学校で高校・自衛隊・消防の合同訓練を実施します

ページ番号1035354  報道発表日 2019年11月25日 印刷

豊田市消防本部は、豊田工業高等学校、自衛隊と大規模災害を想定した救出救助訓練を実施します。
この訓練は、大規模災害の発生に備え高校、自衛隊、消防の発災時における初動対応力と連携の強化を図ります。豊田工業高校の高校生消防クラブ員が自校の生徒のリーダーとして活動することで同世代への防火防災意識の向上を図ります。また、今回の訓練では今年度から運用を開始している消防用ドローンを活用し、上空から被害状況を迅速に把握する内容としています。

とき

令和元年12月6日(金曜日) 午前11時25分~午後0時25分
※雨天時は訓練内容を変更して実施します。当日の午前8時30分までに決定します。

ところ

愛知県立豊田工業高等学校 (豊田市竹元町南細畔3番地)

参加機関

愛知県立豊田工業高等学校 786人
自衛隊愛知地方協力本部 8人
豊田市消防本部南消防署 21人

逃げ遅れた生徒をはしご車で救出(写真)
逃げ遅れた生徒をはしご車で救出
消防用ドローンで上空から被災状況を確認(写真)
消防用ドローンで上空から被災状況を確認

<参考>高校生消防クラブ

市内の高校に通う学生が様々なプログラムを通じて防火防災の知識や技術を学び、さらに学んだことを自分の通う高校で普及啓発して高校生世代の防火防災意識を幅広く向上させることを目的とした平成29年に県内で初めて発足したクラブです。今年度登録した3期生は、市内9校18人が在籍しています(豊田工業高校の生徒は3人)。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

消防本部 南消防署
業務内容:救急、救助、火災の鎮圧などに関すること
〒470-1216 
愛知県豊田市和会町長田3-1(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-25-9008 ファクス番号:0565-25-9910
お問合せは専用フォームをご利用ください。