報道発表資料 初めて消防団学生機能別団員が講師として参加 防災研修(避難所運営ゲーム)を実施

ページ番号1035050  報道発表日 2019年11月15日 印刷

豊田市消防団は、学生機能別団員に対して防災研修を実施します。
防災研修(避難所運営ゲーム)は、学生機能別団員の任務のひとつである大規模災害発生時の避難所運営活動における知識の習得を目的に行います。
学生機能別団員は、中京大学豊田キャンパス、日本赤十字豊田看護大学、愛知工業大学、愛知学泉大学で構成されています。日本赤十字豊田看護大学の団員が講師として、初めて他大学の団員に防災研修を指導します。

とき

令和元年11月24日(日曜日) 午前10時~正午

ところ

豊田市消防本部 5階 大会議室

参加者

豊田市消防団学生機能別団員 30人(予定)

内容

避難所運営ゲーム(HUG)
※HUGとは、とある町の避難所(小学校)が舞台となり、プレーヤーは避難所運営担当者となって、避難所に指定されている体育館のほか、校舎や校庭など、学校の敷地を有効活用しながら、数多くの避難者を適切に配置できるか模擬体験します。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

消防本部 総務課
業務内容:消防行政の企画、消防施設の管理、消防団、消防音楽隊などに関すること
〒471-0879 
愛知県豊田市長興寺5-17-1(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-35-9717 ファクス番号:0565-35-9709
お問合せは専用フォームをご利用ください。