旭中学校で豊田高専講師によるハイブリッド授業を実施

ページ番号1033219  報道発表日 2019年9月13日 印刷

豊田市立旭中学校(生徒数:39人/杉本町)は、豊田工業高等専門学校講師の市川祐理<いちかわ ゆり>氏による教科横断型(ハイブリッド)授業を実施します。
本校では、市川氏を迎えてのハイブリッド授業を5月に3年生の理科と英語科で実施し、今回は全校生徒を対象に社会科と英語科で実施します。社会科の思考力を高めるとともに、自分の意見や考えを英語で伝える表現力を高めることを目標とします。

日時

令和元年9月18日(水曜日) 午前9時40分から11時30分まで

場所

旭中学校 ランチルーム

参加者

旭中学校 全校生徒39人 教職員15人

内容

公開授業 社会科・英語科
テーマ「お札を通して過去と未来をつなぐ~温故知新、SDGs~」

その他

  • ハイブリッド授業とは、英語をコミュニケーションツールとして他教科の授業を行う教科横断型の授業です。
  • 公開授業終了後、講師と教員により授業の振り返りと英語によるハイブリッド授業の可能性について意見交換を行います。

問合せ

旭中学校 電話 0565-68-2131

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

教育委員会学校教育部 学校教育課
業務内容:学齢児童・生徒の就学、通学路、教科書の配布、学校の組織編制・諸行事・教育指導・教職員などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎6階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6661 ファクス番号:0565-31-9145
お問合せは専用フォームをご利用ください。