東海地方で初開催の個展 民芸館特別展「柚木沙弥郎の染色 もようと色彩」の開催

ページ番号1033169  報道発表日 2019年9月4日 印刷

豊田市民芸館では特別展「柚木沙弥郎(ゆのき さみろう)の染色 もようと色彩」を開催します。
1922(大正11)年に東京で生まれた柚木沙弥郎は、日本民藝館創設者である柳宗悦(1889-1961年)の思想と、芹沢銈介(1895-1984年)の作品に啓発されて染色家の道を志します。自身の制作のほか、女子美術大学では後進の育成に力を注ぎ、日本民藝館展の審査にも長く携わってきました。近年はフランス国立ギメ東洋美術館など国内外で展覧会を開催しており、今なお旺盛な創作を続けています。
本展は平成30 年度に日本民藝館で開催された展覧会を再構成したものです。柚木の生き生きとした生命力あふれるもようと色彩の世界を型染布の作品を通して紹介します。
なお、柚木沙弥郎の個展は東海地方では初開催になります。

とき

令和元年9月10日(火曜日)~12月1日(日曜日) 午前9時~午後5時
※休館日 月曜日(ただし祝日は開館)

ところ

豊田市民芸館(平戸橋町波岩86-100)

展示点数

型染布「生命の樹」ほか 約90点

生命の樹(写真)
型染布「生命の樹」 紬 2017年

観覧料

一般300円、大学生・高校生200円
※中学生以下と70歳以上、豊田市内在住・在学の高校生、障がい者は無料(要証明書)

関連イベント

記念講演会「柚木沙弥郎の民藝と創造」、民芸バス探訪、ギャラリートークを開催します(事前申込が必要なイベント有。詳細はちらしを参照)。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

民芸館
〒470-0331
愛知県豊田市平戸橋町波岩86-100(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-45-4039 ファクス番号:0565-46-2588