報道発表資料 民芸の森 第8回森のアート展「漆と玉」を開催しています

ページ番号1032557  報道発表日 2019年7月25日 印刷

豊田市民芸の森では、民芸の普及に尽力された豊田市名誉市民・本多静雄氏の遺志を伝えようと「森のアート展」を開催しています。今回の展示では、市内で漆工・石工家として活動している岩本敬二氏が作成した漆や玉製の個性的な作品を展示しています。

とき

令和元年7月20日(土曜日)~9月23日(月曜日) 午前9時~午後5時
※休館日は月曜日、ただし祝日の場合は開館

ところ

豊田市民芸の森(豊田市平戸橋町石平60-1)

展示作品

漆:皿・碗・膳・なつめ・香合など約70点
玉:装飾品・硯など約20点

観覧料

無料

関連行事<ギャラリートーク>

日時:8月3日(土曜日)午後2時~
場所:豊田市民芸の森 田舎家
内容:岩本氏による展示解説 ※申し込み不要

漆 菓子器(写真)
漆 菓子器

<参考>岩本敬二氏について

岩本氏は漆塗師である父や塗師上田忍氏を師匠として漆塗を学び、石材業経営の傍ら漆工芸品や玉製品の作成、研究を続けられています。漆工芸においては木炭・竹材・かぼちゃ・あけびなど天然素材を用いた多様な作品づくりを行っています。玉製品については素材の選定から完成まで一貫して携わり個性的な作品を作り出しています。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

民芸の森
〒470-0331
愛知県豊田平戸橋町石平60-1
電話番号:0565-46-0001 ファクス番号:0565-46-0043