報道発表資料 「矢作川かわまちづくり計画」に基づき、白浜公園のリニューアルが完了します

ページ番号1032394  報道発表日 2019年7月19日 印刷

豊田市では、「矢作川かわまちづくり計画(平成30年3月)」に基づく、矢作川の高橋から久澄橋の間の右岸・白浜公園の再整備が7月26日(金曜日)に完了し、7月28日(日曜日)開催の豊田おいでんまつり花火大会を皮切りに、新たな河川空間の利活用が始まります。
同公園では、かわまちづくり計画の策定に伴い、河川空間の利活用の規制が緩和されるとともに、今回の再整備に伴い、堤防の緩勾配化や水際へのアクセス性の向上、豊田大橋の橋詰の平場化等が実現したことで、空間づかいの選択肢が大きく広がります。
今後も、都心・豊田スタジアムと河川空間の回遊性の向上を図るため、民間事業者等の多様な主体と連携し、多くの市民が集い、賑わいあふれる河川空間の利活用を推進していきます。

主な整備内容

(1)【新規】橋詰平場3箇所(上流から約75平方メートル、約71平方メートル、約55平方メートル)

橋詰に広場空間を整備しました。今後、都心からの来訪者を河川空間へ誘導する玄関口として活用します。

(2)【新規】ゲート広場2箇所(東面約800平方メートル、西面約400平方メートル)

イベント等様々な利活用が可能な広場空間を新たに整備しました。賑わい創出の拠点として、今後は民間事業者等と連携し活用します。

(3)【新規】階段・スロープ

堤防の法面を緩やかに改善するとともに、新たに階段及びスロープを整備しました。
市民が河川空間へアクセスしやすくなります。

(4)【再整備】トイレ

男子・女子・多目的のトイレを整備しました。照明の整備、水洗化を実施し、誰もが安心して使用できるトイレとなっています。

(5)【新規】水際の緩傾斜化  

矢作川の河岸を緩傾斜化しました。水際に近づきやすくなり、矢作川の自然をより身近に感じられるようになります。

白浜公園の利用について

リニューアルされた白浜公園は、多くの方々に新たな公園空間の魅力を感じていただけるよう、従来の公園利用はもちろん、有料イベント等の空間としての利活用も可能となります。
なお、同公園での利活用に際し、河川法及び都市公園法に基づく手続きが必要となる場合もありますので、ご利用の際は市公園緑地整備課までお問合せください。

添付ファイル

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

都市整備部 公園緑地つくる課
業務内容:公園・広場の計画・事業施行、緑化の推進に関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎3階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6676 ファクス番号:0565-34-4500
お問合せは専用フォームをご利用ください。