報道発表資料 まちを彩る現代アートの祭典 「あいちトリエンナーレ2019」豊田会場での展開について

ページ番号1032353  報道発表日 2019年7月18日 印刷

令和元年8月1日(木曜日)から10月14日(月曜日)までの75日間、国内最大規模の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」が開催されます。会場の一部となっている豊田市では、以下のとおり8か所において作品展示等を行うとともに、関連企画を実施します。

豊田会場(8か所)

  1. 名鉄豊田市駅下(豊田市豊田市若宮町1-35)
  2. シティプラザ(豊田市若宮町1-57-1)
  3. 新とよパーク(豊田市若宮町8-7)
  4. 喜楽亭(豊田市小坂本町1-25)
  5. 豊田市民ギャラリー(豊田市西町5-5 VITS 地下1階)
  6. 旧豊田東高等学校(豊田市小坂本町5-80)
  7. 豊田市美術館(豊田市小坂本町8-5-1)
  8. 豊田市民文化会館(豊田市小坂町12-100)

※出品作家や開場時間等については別紙を参照してください。

会期中の主な関連企画について

(1)豊田会場オープニングイベント「とよトリ祭 橋の下盆踊り in TOYOTA BUDOKAN」

トリエンナーレを機に豊田の文化をより多くの人に知ってもらうため、豊田市独自のオープニングイベントを開催します。このイベントは、2012年から始まり今や豊田を代表する文化イベントとなった「橋の下世界音楽祭」を企画運営している永山愛樹(ながやま よしき)氏をプロデューサーに迎え、民謡の生演奏とパンクの要素を取り入れた盆踊りを中心としたプログラムで構成します。

  • 日時
    令和元年8月1日(木曜日)午後6時~8時30分 (開場:午後4時30分)
  • 場所
    旧豊田東高等学校 武道場(豊田武道館)/豊田市小坂本町5-80
  • 内容
    (1)ステージプログラム
     午後6時 主催者、芸術監督の挨拶
     午後6時10分   豊田会場出品作家の紹介
     午後7時 盆踊り
    (2)屋台出店
     飲食・物販ブース10店程度
  • 料金
    無料(屋台での販売物は有料)
  • 主催
    あいちトリエンナーレ2019豊田会場実行委員会

(2)豊田市ビジターセンター(とよた大衆芸術センター)の開設

豊田市駅周辺と豊田市美術館を結ぶ中間地点に、豊田市のまちなかや文化情報を発信するとともに、来訪者が休憩できるスペースを設置します。

  • 開館
    令和元年7月31日(水曜日)~10月14日(月曜日) 月曜休館
    火~木曜日:午前10時~午後6時
    金~日曜日:午前10時~午後9時
  • 場所
    とよた大衆芸術センター[TPAC](旧波満屋旅館)/豊田市小坂本町4-7-18
  • 内容
    まち歩きマップの掲示、カフェバー(休憩所)設置など
旧豊田東高等学校プールでの作品展示イメージ
旧豊田東高等学校プールでの作品展示イメージ(作家:高嶺格)
平成29年度に実施した盆踊り
平成29年度に実施した盆踊りの様子
とよた大衆芸術センター
とよた大衆芸術センターの外観

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

生涯活躍部 文化振興課
業務内容:文化事業、文化団体、市民文化会館やコンサートホール・能楽堂等の管理に関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎2階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6631 ファクス番号:0565-34-6766
お問合せは専用フォームをご利用ください。