(仮称)豊田市博物館の設計者が決まりました

ページ番号1032273  報道発表日 2019年7月17日 印刷

豊田市は、公募型プロポーザルにより、(仮称)豊田市博物館新築工事設計委託及び(仮称)豊田市博物館展示・収蔵環境等設計委託の業者を特定しました。
令和元年度から令和2年度にかけて博物館の建物や展示などの設計を進め、その後、工事を行い、令和5年度末の開館を目指します。

選考結果

(1)(仮称)豊田市博物館新築工事設計委託(建物・外構の設計を行う) 

特定業者:株式会社 坂茂建築設計
(参加表明者数 27者/1次審査対象者  24者/2次審査対象者 5者)

(2)(仮称)豊田市博物館展示・収蔵環境等設計委託(展示・収蔵の設計を行う)

特定業者:株式会社 丹青社
(参加表明者数 1者/審査対象者 1者)

設計者の実績等

(1) 株式会社 坂茂建築設計の代表作

  • フランス国立近代美術館分館「ポンピドー・センター・メス」
  • 大分県立美術館
  • ラ・セーヌ・ミュジカル
  • 静岡県富士山世界遺産センター など

※設計者(代表取締役 坂茂[ばん しげる])のプロフィール

坂 茂氏


 1957年 東京都生まれ
 1977~80年 南カリフォルニア建築大学(SCI-ARC、ロサンゼルス)在学
 1980~82年 クーパー・ユニオン建築学部(ニューヨーク),84年卒業
 1982~83年 磯崎新アトリエ勤務
 1985年 坂茂建築設計設立
 1995年 NPO法人 ボランティア・アーキテクツ・ネットワーク(VAN)設立
 1995~99年 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)コンサルタント
 2014年 プリツカー建築賞
 2014年 フランス芸術文化勲章 コマンドール
 2017年 紫綬褒章
 2017年 マザー・テレサ社会正義賞
 現在、慶應義塾大学環境情報学部教授

【博物館設計者コンセプト】
~20世紀のマスターピースである豊田市美術館に寄り添う21世紀の建築~

 美術館と博物館を切り離すのではなく、20世紀の技術を駆使したマスターピースとしての建築作品(美術館)と再生可能エネルギーと再生可能な建材である木材を利用した21世紀ならではの建築プロポーションを揃えて並置し、豊田市文化ゾーンを形成します。

(2)株式会社 丹青社の実績

  • 京都国立博物館 平成知新館(京都市)
  • 国立アイヌ民族博物館(2020年開館予定)(北海道白老町)
  • 刈谷市歴史博物館
  • 静岡市こどもクリエイティブタウン「ま・あ・る」

※選考結果及び本プロポーザルの詳細については、市ホームページの下記のURLに掲載しております。http://www.city.toyota.aichi.jp/jigyousha/proposal/1030097/1030374.html

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

教育委員会教育行政部 文化財課
業務内容:文化財の調査・保護、郷土資料館、民芸館の運営に関すること
〒471-0079 
愛知県豊田市陣中町1-21-2(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-32-6561 ファクス番号:0565-34-0095
お問合せは専用フォームをご利用ください。