報道発表資料 後付けペダル踏み間違い安全装置搭載車に豊田市長が同乗体験

ページ番号1032216  報道発表日 2019年7月10日 印刷

全国的に高齢運転者による自動車のアクセルとブレーキのペダル踏み間違い等による事故が起こる中、国が高齢運転者による事故の早急な対策を検討すると発表しました。豊田市も高齢運転者の緊急的な交通安全対策の検討を進めるため、市長自ら、トヨタ自動車株式会社が発売した後付けの「踏み間違い加速抑制システム」を搭載した車を同乗体験します。

とき

令和元年7月17日(水曜日)午後3時から3時30分 ※雨天決行

ところ

トヨタカローラ愛知 豊田梅坪店 駐車場(梅坪町8丁目4-16)

参加者

豊田市長 太田 稔彦(おおた としひこ)

協力

トヨタカローラ愛知株式会社(車両提供、説明者)/豊田梅坪店(場所提供)

内容

後付け装置とICSの違いを説明後、市長が同乗体験(2台)をする。

  1. 後付け「踏み間違い加速抑制システム」搭載車を体験
  2. 新車での標準(一部オプション)装備の安全装置「ICS」搭載車を体験

※ICS:インテリジェント・クリアランス・ソナー。低速域被害軽減(自動)ブレーキ及びペダル踏み間違い加速抑制の安全支援装備

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

地域振興部 交通安全防犯課
業務内容:交通安全、交通事故防止、放置自転車問題、防犯施策などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6633 ファクス番号:0565-32-3794
お問合せは専用フォームをご利用ください。