「新しいモビリティサービスの社会実装に取り組むパイロット地域」に選定されました

ページ番号1031906  報道発表日 2019年6月19日 印刷

豊田市は、経済産業省が実施するスマートモビリティチャレンジの支援対象地域・事業を提案したところ、「新しいモビリティサービスの社会実装に取り組むパイロット地域」に選定されました。

選定日

令和元年6月18日(火曜日)

提案タイトル

「中山間地域における多機能集約型のモビリティサービスの構築」

提案内容(詳細は、別添資料のとおり)

デマンドシステムを導入した地域バスを軸とし、人の移動だけでなく、モノや地域サービス(商業、医療、宅配など)の移動も集約した多機能集約型のモビリティサービスを展開することで、地域サービスの向上・維持を図り持続可能な地域作りを行う。

実証内容

市が中山間地域にて、地域バス(デマンドバス)を活用した買い物支援・地域サービスの実証を実施した後、経済産業省から事業委託を受けている株式会社 野村総合研究所が事業性向上や制度的課題の抽出に必要な分析等をしてもらうことで事業の具現化につなげる。実証機関は今年度末までを予定。

<参考>スマートモビリティチャレンジ

経済産業省と国土交通省が将来の自動運転社会の実現を見据え、新たなモビリティサービスの社会実装を通じた移動課題の解決及び地域活性化を目指し、地域と企業の協働による意欲的な挑戦を促す新プロジェクトのこと。

添付ファイル

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

企画政策部 未来都市推進課
業務内容:持続可能な未来都市に関すること、環境モデル都市に関する啓発、アクションプランの推進・総合調整・推進体制の確立などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6982 ファクス番号:0565-34-2192
お問合せは専用フォームをご利用ください。