水道事業では愛知県で初となる官民連携によるマイクロ水力発電システムを導入します

ページ番号1031110  報道発表日 2019年4月26日 印刷

令和元年5月10日(金曜日)から、豊田市の高岡配水場においてマイクロ水力発電システムを官民連携により導入し、運用を開始します。
これにより、県営水道の浄水場と高岡配水場の水位差によるエネルギーを利用して発電し、売電した利益の一部を上下水道局の収益とすることや、年間約75tの二酸化炭素排出量の削減効果が見込め、環境負荷の軽減を図ります。

事業期間

令和元年5月10日(金曜日)から20年間

設置場所

豊田市高岡配水場(豊田市上丘町三笠121)

<参考>マイクロ水力発電事業の概要

  • 高岡配水場内の水道管路にマイクロ水力発電システムを設置し、愛知県営水道尾張東部浄水場から豊田市高岡配水場へ自然流下で流入する際の余剰圧力(落差)で発電します。
  • 事業の実施にあたり平成30年10月12日(金曜日)付けで豊田市と株式会社DK-Powerの2者で「再生可能エネルギー導入(小水力発電)事業に関する協定書」を締結しました。
  • 発電設備の設置と維持管理に係る費用は、協定書に基づき株式会社DK-Powerが負担します。
  • 事業期間内は、行政財産目的外使用料(約4万円/年)と売電利益還元料(約31万円/年)を合わせて約35万円/年が豊田市に支払われます。
  • 年間発電量は約154千kWhであり、一般家庭43軒分の電気使用量に相当します。
高岡配水場に設置されたマイクロ水力発電(写真)
高岡配水場に設置されたマイクロ水力発電
発電ピット内の全景(写真)
発電ピット内の全景

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

上下水道局 企画課
業務内容:上下水道事業の企画、計画、調査、研究及びアセットマネジメントの推進に関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎1階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6792 ファクス番号:0565-33-9096
お問合せは専用フォームをご利用ください。