ものづくりサポーターの活動が始まります

ページ番号1031090  報道発表日 2019年4月25日 印刷

ものづくりサポーターとは、市内小学校に出向き小学生にものづくりの楽しさを伝える市民ボランティアです。昨年度は延べ583人のサポーターが55校に出向きました。
今年度のものづくり教育プログラムの実施に向けて、サポーター研修会を以下の通り開催します。

研修会日程

5月8日(水曜日)「スーパー竹とんぼ」
5月10日(金曜日)「風で動く車レーサー」
5月15日(水曜日)「いろいろな音づくり」
5月16日(木曜日)「シャボン玉づくり」
5月17日(金曜日)「スーパー土団子」
5月22日(水曜日)「竹で作る空気でっぽう」
5月23日(木曜日)「竹で作る水てっぽう」
5月24日(金曜日)「からくりのしくみ」
5月29日(水曜日)「動くおもちゃづくり(1)」
5月30日(木曜日)「動くおもちゃづくり(2)」
※時間はすべて午前10時~正午

場所

ものづくりサポートセンター(豊田市挙母町2-1-1 SENTAN内)

研修会内容

指導方法の研修や材料の準備

その他

  • 訪問する小学校及びサポート内容については5月上旬に決定
  • ものづくりサポーターは随時募集中(4月現在 107人在籍)

【ものづくり教育プログラムの概要】

ものづくり体験を通して感受性や創造性を育み、学習や生活にいかすことのできる児童の育成を目的としている。生活科などの教科と関連させた10個のものづくりのプログラムがあり、児童5人に対して1人のサポーターを派遣し、きめ細かいサポート活動を行っている。竹とんぼや和凧など昔ながらのものづくりや、牛乳パックなど身近な材料を使った工作など、普段の授業ではできない体験ができることで、教育現場から高い評価を得ている。

ものづくりサポーター(写真)
ものづくりサポーター

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

ものづくりサポートセンター
〒471-0023
愛知県豊田市挙母町2-1-1(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-47-1260 ファクス番号:0565-47-1262
お問合せは専用フォームをご利用ください。