Man to Man株式会社(名古屋市)が山村地域の人材を採用し、旭地区テレワークを開始します

ページ番号1029423  報道発表日 2019年2月15日 印刷

東海エリアを中心に全国で総合人材サービス業を行うMan to Man株式会社(本社・名古屋市)は、人材創造拠点「つくラッセル」(旭地区旧築羽小学校)のコワーキングスペースで、地元人材を新規に採用したテレワークの運用をスタートします。
これは、本社社員が従事していた職業紹介業務の一部を切り出し、山村地域在住の子育て中の女性等をパートタイム雇用するものです。
同社は、おいでん・さんそんセンターの仲介により、平成27年から耕作放棄地を活用した社員研修事業「Man to Man元気ファーム」を、農事組合法人伊熊営農クラブの指導の下で展開しており、地域交流や相互理解を深めてきました。
眠っている地域人材を生かす方法について、検討する中で、おいでん・さんそんセンターとつくラッセルが連携して、テレワークのスタートに至りました。

開始日時

平成31年2月19日(火曜日)午前9時(取材可能時間:同日午前9時~午後2時)

採用者

山村地域の女性等4人
※勤務形態は、週5日、1日8時間を4人でワークシェア

事業場所

人材創造拠点「つくラッセル」コワーキングスペース内
住所:豊田市旭八幡町堂山432-3

事業主 

Man to Man株式会社 代表:田中正次
住所:名古屋市中区新栄1丁目7番7号RTセンターステージビル

事業に関する問合せ

Man to Man株式会社人材紹介推進部 電話:052-678-6133

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

おいでん・さんそんセンター
〒444-2424 
愛知県豊田市足助町宮ノ後26-2(足助支所2階)
電話番号:0565-62-0610 ファクス番号:0565-62-0614