シティドレッシング(壁面装飾)部分からはしご車で救出 豊田参合館と連携した災害対応訓練を実施

ページ番号1029263  報道発表日 2019年2月8日 印刷

豊田市中消防署は、豊田参合館と合同で災害対応訓練を実施します。ラグビーワールドカップ2019TMを控え、多くの観衆が利用することになる中心市街地での災害発生に備え、初動体制の確立及び連携強化を図ることを目的としています。

とき

平成31年2月15日(金曜日) 午前9時~10時
※災害発生又は荒天時は、訓練を中止します。

ところ

豊田参合館(豊田市西町1丁目200番地)および参合館前広場(豊田市喜多町2丁目)

参加機関

豊田市能楽堂・コンサートホール指定管理者、豊田市中央図書館指定管理者、豊田市駅前開発株式会社、豊田市消防本部 等

内容

【想定】

豊田参合館8階能楽堂で公演中、客席に置いてあったカバンが突然破裂し、出火した。客席は煙が充満し、観客の避難が必要となる。

【訓練】

  1. 豊田参合館の自衛消防組織による初期消火及び避難誘導訓練
  2. 中消防署はしご車による高所からの避難者救出訓練
    (ラグビーワールドカップ2019TMの機運醸成を目的としてお披露目した豊田参合館壁面装飾(北側:縦20m×横22m)部分からの救出)

その他

訓練会場の都合上、訓練参加車両はあらかじめ停車させた状態で訓練を開始します。

問合せ

中消防署2課 0565-35-9721

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?