藤嶋昭 東京理科大学栄誉教授による「藤嶋塾」の実施について

ページ番号1028587  報道発表日 2019年1月7日 印刷

豊田市は、光触媒研究の第一人者であり、豊田市にゆかりのある東京理科大学栄誉教授の藤嶋昭さん(ふじしまあきら/豊田市立佐切小学校出身)を講師に迎え、同氏の経験や発想を学ぶことで、ものづくり等の人材の育成を目指します。

藤嶋塾の内容、日程等

藤嶋昭さんの生い立ち、光触媒を専門にされた経緯、開発における心構えや失敗談、光触媒の簡単な実験などを通じて、生み出す力、気づき・考える大切さを学びます。

開催日

時間

対象者

場所

想定人数

1月23日(水曜日)※

午後6時30分~

7時30分

ものづくりミライ塾生、塾生を派遣している企業経営者等

ものづくり創造拠点SENTAN

100人程度

1月27日(日曜日)

午後2時~4時

豊田西高等学校生徒

同上

70人程度

※藤嶋塾終了後、ものづくりミライ塾生による発表会等を開催しますが、特許に関わる内容を伴うため、非公開とします。

今後の展開について

2019年度からは、幅広い世代を対象に様々な内容で年4回程度開催する予定

<参考>藤嶋昭さんについて

プロフィール

  • 1942年 東京都生まれ
  • 1944年 豊田市(現在の足助地区)へ移住
  • 1948年 佐切小学校入学
  • 1954年 佐切小学校卒業(卒業後、豊田市を転出)
  • 1966年  横浜国立大学工学部卒業
  • 1971年  東京大学大学院工学系研究科博士課程修了
    東京理科大学学長、初代東京大学特別栄誉教授、日本化学会会長、光機能材料研究会会長、電気化学会会長、光化学協会会長、川崎市教育アドバイザーなどを歴任。現在は東京理科大学栄誉教授

研究内容等

東京大学大学院に在学中の1967年春、水溶液中の酸化チタン電極に強い光を当てたところ、酸化チタン表面で光触媒反応が起きることを発見。この現象は共同研究者の本多健一氏の名前と合わせ「本多-藤嶋効果」と呼ばれる。「電気化学測定法」「太陽と光しょくばいものがたり」など数多くの著書を執筆

藤嶋昭さん

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

経営戦略部 経営戦略課
業務内容:市の都市経営に係る方針及び戦略の総合調整などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎8階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-3360 ファクス番号:0565-34-6681
お問合せは専用フォームをご利用ください。