報道発表資料 「とよた里山猪肉カレー」の取組がディスカバー農山漁村(むら)の宝の優良事例に選定

ページ番号1027489  報道発表日 2018年10月24日 印刷

豊田市の一般社団法人おいでん・さんそんのマッチングにより高校、獣肉処理加工施設、企業の3者が連携して開発した「とよた里山猪肉カレー」の取組が、内閣官房及び農林水産省が選ぶ「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」の優良事例に選定されました。これは、「強い農林水産業」、「美しく活力ある農山漁村」の実現に向けて、農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化、所得向上に取り組んでいる優良事例を選定し、全国へ発信するものです。今回は、応募総数1,015件の中から32団体が優良事例として選定されました。
今後、11月下旬に首相官邸で選定証が授与されるほか、選定された32団体の中からグランプリ及び特別賞の発表が行われます。

選定日

平成30年10月17日(水曜日)

選定された「とよた里山猪肉カレー」の取組について

  • 一般社団法人おいでん・さんそんのマッチングにより、足助高校生徒がパッケージキャラクターをデザインし、株式会社山恵が加工する地元産猪肉を使ったレトルトカレーを株式会社ワイズが開発
  • 平成29年度に開発した第1弾「とよた里山猪肉キーマカレー」が好評だったため、今年の6月には第2弾となる「とよた里山猪肉和風カレー」を開発
  • 獣肉利用の促進による地域資源の活用に加え、商品やその背景を通じて生まれた新たなつながりは、地域住民や関係団体を巻き込み、地域の活性化に寄与した。

参考

農林水産省「ディスカバー農山漁村の宝」HP:
https://www.discovermuranotakara.go.jp/sentei/oubokekka/

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

産業部 農政課
業務内容:農畜水産業の振興、後継者育成、農地の利用調整、農業基本施策の企画に関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎7階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6640 ファクス番号:0565-33-8149
お問合せは専用フォームをご利用ください。