報道発表資料 第28回 市史講座「近世三河の生業と流通」を開催

ページ番号1027414  報道発表日 2018年10月22日 印刷

豊田市は、市民を始め多くの方々が地域の歴史に関心を持つことができるよう、「新修豊田市史 資料編 近世3.」の内容に基づき市史講座を開催します。講座では、平成30年6月に刊行した本の編さん過程で収集した資料や成果などを執筆者が分かりやすく解説します。今回取り上げた足助は、名古屋と信濃を結ぶ街道の宿場町として栄えていました。足助の商人は商品の流通に携わるとともに、金融業などに従事していました。資料から垣間見える江戸時代の足助と商人の生業、新たに分かった漆生産について講演します。

とき

平成30年10月28日(日曜日) 午後1時30分~4時

ところ

崇化館交流館 2階 大会議室(豊田市昭和町2-46)

内容

  • 講演「記録に見る足助」
    秋山晶則(あきやま まさのり)氏
    (新修豊田市史近世部会副部会長/岐阜聖徳学園大学教授)
  • 講演「漆生産と足助の豪商鈴木家」
    篠宮雄二(しのみや ゆうじ)氏
    (新修豊田市史近世部会執筆委員/中部大学教授)

定員

先着60人

参加費

無料(事前の申込み不要)

その他

「新修豊田市史 資料編 近世3.」(4,000円/冊)を会場で販売します。

足助の町並み(ドローン)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

市史編さん室
〒471-0079
愛知県豊田市陣中町1-19-1
電話番号:0565-36-0570 ファクス番号:0565-31-0162