報道発表資料 赤とんぼ米の新米販売に向け、赤とんぼ米栽培グループが市長を訪問します

ページ番号1027068  報道発表日 2018年10月4日 印刷

中山間地域の稲作農家で構成する「赤とんぼ米栽培グループ」は、特別栽培米である赤とんぼ米の今年度の収穫量、及び今後の販売について報告するため、市長を訪問します。
今年度の収穫量は、850俵を予定しており、高付加価値米として10月5日(金曜日)から販売する予定です。

日時

平成30年10月9日(火曜日) 午後2時30分~3時

場所

豊田市役所 南庁舎5階 市長室

訪問者

伊藤 政和(赤とんぼ米栽培グループ会長)
伊藤 喜代司(同グループ副会長) 他6人

<参考>赤とんぼ米について

赤とんぼ米は、激減した赤とんぼの復活をめざして、環境にやさしい農薬を使用し、適切な水管理により羽化や産卵を促しながら栽培されたお米のことです。現在は、中山間地域においてミネアサヒを対象に取り組んでいます。
平成28年度から取組を始めた赤とんぼ米は、11戸(栽培面積:3.6ha)の生産者により開始され、今年度には25戸(栽培面積:12ha)の生産者が賛同し、栽培しています。

赤トンボ米の販売予定場所

JAあいち豊田 産直プラザ・各グリーンセンター

赤とんぼ米の取組実績及び予定

 

28年度

29年度

30年度(予定)

取組生産者(戸)

11

22

25

栽培面積(a)

367.5

748.2

1,198.8

収穫量(俵)

202.0

507.5

850.0

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

産業部 農政課
業務内容:農畜水産業の振興、後継者育成、農地の利用調整、農業基本施策の企画に関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎7階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6640 ファクス番号:0565-33-8149
お問合せは専用フォームをご利用ください。