報道発表資料 普段は入れないラムサール条約湿地の貴重な花を観察 「上高湿地観察会」を開催

ページ番号1026941  報道発表日 2018年9月21日 印刷

豊田市自然観察の森は、普段は入ることのできない、ラムサール条約湿地の一つである上高湿地へバスで行く「上高湿地観察会」を開催します。上高湿地では、四季を通じて多種多様な植生を見ることができ、今の時期では、スイランやミミカキグサなど、秋の草花を観察することができます。なお、同観察会は、今年度3回開催予定で、今回は2回目です。

とき

平成30年10月2日(火曜日) 午前9時30分~正午
※小雨決行

ところ

上高湿地(豊田市上高町)
(バスは午前9時に豊田参合館前を出発し、自然観察の森経由で現地)

講師

中根鉄信(上高湿地アドバイザー)、豊田市自然観察の森スタッフ

参加費

200円

定員

25人(中学生以下は保護者同伴)

申込方法

9月22日(土曜日)午前9時から電話にて豊田市自然観察の森へ

スイラン
スイラン(見頃10月)
ミミカキグサ
ミミカキグサ(見頃8~10月)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

自然観察の森
〒471-0014
愛知県豊田市東山4-1206-1(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-88-1310 ファクス番号:0565-88-1311