報道発表資料 民芸館特別展「棟方志功(むなかた しこう)と柳宗悦(やなぎ むねよし)」の開催

ページ番号1026929  報道発表日 2018年9月20日 印刷

豊田市民芸館では、特別展「棟方志功と柳宗悦」を開催します。
国際的に高い評価を受けている版画家・棟方志功(1903年-1975年)は、青森県青森市に生まれました。日本民藝館の創設者・柳宗悦(1889年-1961年)との交流は、1936年4月の国画会で柳が棟方の「大和し美し」を買い上げたことに始まり、以来柳は棟方の作品の指導監修や、その作品を活かすべく表具の考案に熱心に取り組みました。こうした中での二人のやり取りは書簡に残されており、深い信頼で結ばれた師弟関係を垣間見ることができます。本展は今年の1月から3月に日本民藝館で開催された展覧会を再構成したもので、柳の眼に叶った棟方の代表的作品を展観し、両人の書簡からその関係性や思索の相違などを探しつつ、棟方作品の魅力を紹介します。

とき

平成30年10月6日(土曜日)~12月16日(日曜日) 午前9時~午後5時
休館日:月曜日(ただし祝日は開館)

ところ

豊田市民芸館(平戸橋町波岩86-100)

展示点数

61件278点

観覧料

一般300円、大高生200円
※中学生以下と70歳以上、豊田市内在住・在学の高校生、障がい者は無料(要証明書)

関連イベント

記念講演会「棟方志功と柳宗悦」、棟方志功愛用品のお茶会、民芸バスツアー、ギャラリートークを開催します。事前申込が必要なイベントもあり。詳細はちらしを参照。

棟方写真

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

民芸館
〒470-0331
愛知県豊田市平戸橋町波岩86-100(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-45-4039 ファクス番号:0565-46-2588